過払い金は司法書士や弁護士に依頼|当然返金を求める権利がある

男の人

任せて安心

説明

相続税とは、人が亡くなった際に一定以上の純財産を所有していた場合に課税されるものです。したがって人が亡くなったからといって必ず課税されるというものではありません。相続税で注意する点としては必ずしも名義が被相続人ではないからといって被相続人の財産ではないということはできないということです。その理由は預金を例にとると名義預金の問題があるからです。名義預金とはたとえば子供の名義でしている預金であってもその原資や印鑑などを被相続人が所有や管理している場合にはその預金は子供の預金ではなく被相続人の預金と判断されるというものです。この名義預金は相続税申告の際に漏れやすい財産ですので申告する際には注意が必要です。

相続対策や相続税対策が現在非常に注目を集めています。相続対策とは何かというとまず一番に相続人同士の争いの種をなくしておくことが大切になります。また財産が多くある人だけが相続対策が必要というわけではありません。これは統計でもわかるように裁判所で争われるうち10,000,000円以下の遺産で争う割合が3割を占めます。この点からも相続対策がすべての人に必要ということができます。相続税対策は相続税が課税される人は行うことが望ましいものです。相続税対策でポピュラ−なものは贈与を活用するものです。これは贈与によって被相続人の財産を減らすことによって相続税対策を行うというものです。ほかにも不動産を活用する方法などがあります。