過払い金は弁護士など専門家に依頼すれば取り戻すことができる

弁護士

最新記事一覧

重要な登記簿

スーツの男女

大阪でも数多くの司法書士が存在しています。司法書士は登記のスペシャリストで、会社や不動産の登記を行っています。不動産などの登記の時には、きっちりとした面積が必要になってくるため、土地家屋調査士の資格を併せ持っている人が多くいます。

詳細を読む

支払いすぎた利息の返金

スマホを見る人

司法書士や弁護士に依頼

キャッシングは、自動契約機やインターネットなどで手軽に申し込みができるようになったことから、利用者がどんどん増えてきています。首都圏ではもちろん、その周辺の千葉でも、利用者が増加しているのです。そのため、過払い金請求に悩む人もまた、多くいます。過払い金請求とは、多めに支払っていた利息を返してもらうよう、金融機関に要求することです。本来支払う必要がなかったはずの利息なので、支払った側には、当然返金を求める権利があるのです。しかし金融機関相手に交渉をすることは、簡単ではありません。そのため過払い金請求は、司法書士や弁護士が代理におこなうことが多いです。したがって、キャッシングの利用者が増えている千葉では、過払い金請求の依頼を受け付ける司法書士や弁護士もまた、増えてきています。

支払いすぎとなった理由

なぜ利息を多めに支払うことになったのかというと、以前はキャッシングの金利には、出資法という法律で定められた上限金利が適用されることが多かったからです。具体的には、出資法での上限金利は29.2%となっています。しかし利息に関する法律には、利息制限法というものもあります。こちらでは上限金利は、借り入れ金額にもよるのですが、最大で18.0%となっています。そしてこの利息制限法の上限金利が、正当なものとして最高裁で認められたため、それまで出資法で支払っていた利息が過払い金となったわけです。10%以上もの金利差があるため、過払い金の額も相応のものとなっています。千葉県には、過払い金に関する無料相談会を開催している事務所もあるので、過払い金請求に関して気になる人は一度足を運んでみると良いでしょう。千葉県で対応してくれる法律事務所などを探すのであれば、インターネットや折り込みチラシ、知人友人の紹介などを活用して下さい。

専門家に頼んで慰謝料増額

衝突事故

大阪では、弁護士に依頼する交通事故被害者が増加しています。相手方から提示された慰謝料に不満を感じることが少なくなく、専門家を通じて、正当な額を請求する人が多いからです。依頼するにあたっては、交通事故を専門分野とし、知識、経験とも豊富な弁護士を選ぶことで、納得の解決をむかえられる可能性が高くなります。

詳細を読む

任せて安心

説明

相続税の課税で注意する点としては名義預金の計上を確認しておくということです。税務調査などで課税漏れが多いのが名義預金です。相続対策の目的は相続人の争いの種を無くしておくということです。また相続税対策の代表的なものは贈与を活用する方法です。

詳細を読む